ブログネタ:サンタの正体に気付いた時の気持ち 参加中



本当はもうちょっとクリスマス感が深まってきた頃に、絵日記カテゴリで描こうと思ってたんですが、ちょうどよさげなブログネタがあったのでちょっと早いですが、10年以上前のクリスマスに、私がひとつ成長した話を書いてみることにしました(´・ω・`)

あっ、サンタさんを待っている良い子のみんなには内緒でお願いしますね!!!マジで!!!!!





まさか母は私がその時間に起きているとは思わなかったんでしょう。。。(´・ω・`)私だけに限らず、子供ってこういう時ばっかり早起きができちゃうんですよね。。。w


私が寝ている部屋のふすまを、プレゼントを持った母が開けた瞬間に私と目が合い、予期せぬ事態にお互い数秒硬直。

何か言ったほうがいいのか、それとも寝ぼけたフリでもしたほうがいいのかと私が悩んでいる間に、母の方が先に行動を取り、スッ…と静かにふすまを閉めましたwwww

そして私はその母を追いかけるでも問い詰めるでもなく、二度寝を決め込みました(´゚ω゚`)なんだかそうする他にないような気がしてしまったのです。。。。!



その後、二度寝から目覚めた私の枕元には、母が抱えていたプレゼントの箱が置かれていました。ああ、来てくれたんだ、と二度寝する前までのことは一瞬にしてどうでもよくなり、大喜びの私。うーん、我ながら安い人間です(´゚ω゚`)

プレゼントと引き換えに、私が用意した「サンタさん寒いけどがんばってね」的なことを書いた手紙と、心ばかりのお菓子は例年通りに回収されていました。

その年は、「Thank you very much! Please spend good Christmas!」という筆ペンでバシッとかっこよく書かれた、サンタさんからのお手紙付きでした(´・ω・`)サンタさんも。。。筆ペン使うんだな。。。って思うことにしました。
だって筆ペンってすごく便利だもんね。。。字はもちろんだし、アナログ絵だとベタ塗ったりするときに使うし。。。。深く考えてはいけないのです。考えるな、感じろ。的な。


もちろん、学校の冬休みが明けて登校した時に、クリスマスに何もらったか的な話になったときも「ポケモンとゲームボーイカラーをもらったよ!サンタさんにね!」ってちゃんと言いました(´・ω・`)ゲームボーイカラーの保証書に、地元のおもちゃ屋さんの保証ハンコが押してあったことにはもちろん触れてません。気持ちの奥底で成長の糧になったのです。。。