出産話・第六弾です。

 

今回の手術で、術後2.3日のあいだ持続する「硬膜外麻酔」というものを初めて経験しました。無痛分娩なんかに使われる麻酔らしいですね((φ(・д・。)

 

前日に麻酔をするための同意書に署名をするときに、「当院で扱う麻酔一覧」みたいなものを見て、全身麻酔・局部麻酔・静脈麻酔・硬膜外麻酔・ブロック注射と名前が並んでたんですが、これでブロック注射以外はコンプリートになりました(´・ω・`)全身麻酔に関しては口唇裂の手術で2回やり、静脈麻酔も局部麻酔も別の手術で経験していたので。。。

コンプ癖のある私としてはちょっとわくわく。。。。しません!( 'ω' )これに関してはね!!!

 

 

さて話は戻って手術の話。

 

病室で点滴をぶっすり打たれてから20分ほどでオンコール。

給食当番みたいな手術の帽子をかぶって徒歩で手術室へ移動し、手術台へも自分で乗るシステムでした。

 

手術台に乗ってからはもう、まな板の上の鯉状態(´゚ω゚`)

あれよあれよという間に点滴の袋を追加され、ささっとすっぽんぽんにされ、先生や助産師さん、総勢8人ほどの大人に囲まれて麻酔を開始。

 

 

上から順番に表面麻酔をされたんですが、腰の表面麻酔がずーんと響くような感じでなかなか痛い!おもわず「ああああぁぁぁぁあぁぁ。。。!( ゚д゚)」って声が出ました。。。

 

表面麻酔でこれだけ痛いってことは本番の麻酔はもっと。。。?((((;゚Д゚))))って思ったんですが、流石は麻酔様。全然痛みはなかったです。なんか触られてるような変な感じだけがしました。

 

このあと背中に硬膜外麻酔をしたときはほぼ感覚無しで、気がついたら背中の処置は終了。

腰への局部麻酔は、「ちょっと温かいのが入りますよー」と言われてからすぐ注射。でも痛み無し。

 

数秒で腰から下の感覚がなくなり、そこから5分もしないで胸から下は完全に動かなくなりました(´゚ω゚`)自分の体のはずなのに、自分のものじゃないみたいな、変な気分でした。。。

 

次回、息子が遂に…!?|ω・)

 

※今回からハッシュタグを導入してみました(´・ω・`)v